【compare to とcompare withの違い】英語で「比較する」を解説

  • URLをコピーしました!

こんにちは!TOEIC 900点、英検準1級を取得し、POLYGLOTS(ポリグロッツ)でオンライン英会話講師をしている、「エリ(@eigodokugaku17)」です!

compareって、後ろにto とwith がつきますよね。どう使い分けるのかな。

本記事では、英会話のプロが「compare toと、compare withの違い」を、実際にそのまま使える例文と交えて説明していきます。

エリ

良く使う英語は、他にどのように置き換えられるかを覚えておくと便利です!

“compare” の後ろにつく前置詞
-compare to: 本質的に異なるものを比べる
-compare with: 同じ性質やグループの物を比べる

併せて覚えたい表現としては
– compared to ~
– contract
– In comparison with/ by comparison

こんな人が書いています!

ロンドン駐在2年を経験し、現在は外資系企業にて営業職と、オンライン英会話にて講師をやっています。

留学経験はありませんでしたが、2年間のロンドン駐在でビジネス英語を習得、TOEIC 900点を達成しました。

オンラインで英会話講師で実際に生徒さんからいただく質問や相談をもとに、同じ悩みを抱えている方の役に立ちたいとこのページを始めました。

エリと申します!
目次

自動詞・他動詞

compareは動詞で、「比較する、比べる」「〜に例える」という意味を持ちます。

他動詞と自動詞の両方として使える動詞のため、compareの後ろにそのまま名詞をつける、自動詞として使うことも、with やto のような前置詞を用いて繋げることもできます

自動詞:名詞をつなげるには前置詞を必要とする
他動詞:そのまま名詞をつなげることができる

自動詞の例
  • compare New York and Tokyo
    -> compare A and B: AとBを比較する
  • Some people compared books to friends
    -> compare A to B: AをBと例える
他動詞の例
  • Compare the translation with the original.
    -> compare A with B: AとBを比較する

to とwith の違いは?

それでは、今回のテーマである、with、to を用いる、自動詞の場面を考えてみましょう。

①会議で使ってみよう!

Good morning everyone!
At the last meeting, we had compared this year’s revenue with the last year’s. Below is a chart that compares the cost with some of our competitors.

みなさん、おはようございます。
前回のミーティングでは、今年の売上と昨年の売上を比較しました。
こちらのチャートでは、競合他社と比べた費用のチャートです。

→ 比べているものが、今年と昨年の「売上」、自社と他社の「費用」と、対象物が同じもののため、compare with を用います


②買い物で使ってみよう!

I am thinking to buy an ipad for reading books.
A book is lightweight and inexpensive compared to the cost of an ipad, but ipad must be very convenient and stylish.
本を読むためにipadを購入しようか考えています。本は軽いしipadと比べると費用がかからないように思います。しかしipadは便利でしょうし、スタイリッシュですよね。

→ 比べているものが、「本」と「ipad」と、別の対象物になるため、compare to を用います。

併せて覚えておこう!

Compared to 〜

過去分詞“compared” を用いて、「〜と比較すると」と、仮定の話をする際に頻繁に用いる表現なのでぜひ習得しましょう。

自動詞の例
  • Compared to Taiwan, this part is far behind.
    台湾と比べると、この部分はとても遅れている
  • Compared to last year, the growth is significant.
    昨年と比べると、成長は著しい

“contrast”との違い

同意語としてあげられるものに、“contrast” があります。
“contrast”「対比する」という意味で、特定の2つを用いて「照らし合わせる」時に使う単語です。

It is interesting to see the contrast between before and after the house for the renovation.
家の修繕にあたって、前後の違いを見ることは興味深い

上記のように、名詞としても用いることができます。

In comparison with ~ / by comparison

comparison はcompare の名詞の形で「比較」という意味です。In comparison with も、by comparison も同じ「比較すると、」という意味で使うことが出来ます。

自動詞の例
  • In comparison with the current situation, we should start the new program. 
    現在の状況と比較すると、その新しいプログラムを始めるべきです
  • By comparison, I recommend that you go to the university. 
    比較すると、私はあなたにその大学に行くことを勧めたい
  • In comparison with my sister, I don’t have any specific preferences to foods. 
    私の姉と比較すると、私は食べ物に対して特別な好みはない

まとめ:compare to/withの違い

今日はcompare toとcompare withの違い、併せて覚えておきたいフレーズを紹介しました。

“compare” の後ろにつく前置詞
-compare to: 本質的に異なるものを比べる
-compare with: 同じ性質やグループの物を比べる

併せて覚えたい表現としては
– compared to ~
– contract
– In comparison with/ by comparison


\その他にも明日すぐ使えるフレーズを紹介しています/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次