同じ意味の単語をまとめてみよう

【compare to とcompare withの違い】英語で「比較する」を解説

英語に慣れてきた方から聞かれる一つが、

質問者さん

compareにはwithとtoをつけられるのですが、違いは何かなぁ。
前置詞は何をつけるか、いつも悩んでしまう

というもの。
結論は

* compare to:本質的に異なる物を比べる
* compare with:同じ性質やグループの物を比べる

併せて覚えておきたいフレーズとして

  • compared to ~
  • contract
  • In comparison with/ by comparison

を紹介します

はじめまして。

エリ

ロンドン駐在2年を経験し、現在は外資系企業にて営業職と、オンライン英会話にて講師をやっている、エリといいます!

留学経験はありませんでしたが、2年間のロンドン駐在でビジネス英語を実践にて習得、
現在は東京で、外国人上司の下、英語での商談や海外出張の日常に加え、オンラインで英会話講師をしています。
TOEICは900点達成、英検準1級も取得しています。

このブログでは、実際の英会話講師だからこそ伝えられる
生徒さんからの質問やつまづきやすい点から、覚えておくと便利なフレーズや勉強法を紹介しています。

このページでは

  • ビジネスパーソンで、仕事で英語が必要になり、勉強している方
  • TOEIC でまずは600点を目標に勉強している方
  • 普段英語を使って仕事をしているけれど、いつも同じ表現ばかり使ってしまう

のために、

あてにするを表す、“compare with” “compare to” と、それに関連する表現を紹介します

自動詞・他動詞

compareは動詞で、「比較する、比べる」「〜に例える」という意味を持ちます

他動詞と自動詞の両方として使える動詞のため、
compareの後ろにそのまま名詞をつける、自動詞として使うことも、
with やto のような前置詞を用いて繋げることもできます

自動詞:名詞をつなげるには前置詞を必要とする
他動詞:そのまま名詞をつなげることができる

<自動詞の例>
compare New York and Tokyo
-> compare A and B: AとBを比較する

Some people compared books to friends
-> compare A to B: AをBと例える

<他動詞の例>
Compare the translation with the original.
-> compare A with B: AとBを比較する

to とwith の違いは?

それでは、今回のテーマである、with、to を用いる、自動詞の場面を考えてみましょう。

①会議で使ってみよう!

Good morning everyone!
At the last meeting, we had compared this year’s revenue with the last year’s. Below is a chart that compares the cost with some of our competitors.


みなさん、おはようございます。
前回のミーティングでは、今年の売上と昨年の売上を比較しました。
こちらのチャートでは、競合他社と比べた費用のチャートです。

→ 比べているものが、今年と昨年の「売上」、自社と他社の「費用」と、
 対象物が同じもののため、compare with を用います。


②買い物で使ってみよう!

I am thinking to buy an ipad for reading books.
A book is lightweight and inexpensive compared to the cost of an ipad, but ipad must be very convenient and stylish.


本を読むためにipadを購入しようか考えています。
本は軽いしipadと比べると費用がかからないように思います。
しかしipadは便利でしょうし、スタイリッシュですよね。

→ 比べているものが、「本」と「ipad」と、別の対象物になるため、
 compare to を用います。

併せて覚えておこう!

Compared to 〜

過去分詞“compared” を用いて、「〜と比較すると」と、仮定の話をする際
頻繁に用いる表現なのでぜひ習得しましょう

  • Compared to Taiwan, this part is far behind.
    台湾と比べると、この部分はとても遅れている
  • Compared to last year, the growth is significant.
    昨年と比べると、成長は著しい

“contrast”との違い

同意語としてあげられるものに、“contrast” があります

“contrast”「対比する」という意味で、
特定の2つを用いて「照らし合わせる」時に使う単語です

It is interesting to see the contrast between before and after the house for the renovation.
家の修繕にあたって、前後の違いを見ることは興味深い

上記のように、名詞としても用いることができます

In comparison with ~ / by comparison

comparison はcompare の名詞の形で「比較」という意味です
In comparison with も、by comparison も同じ「比較すると、」
という意味で使うことが出来ます

  • In comparison with the current situation, we should start the new program. 
    現在の状況と比較すると、その新しいプログラムを始めるべきです
  • By comparison, I recommend that you go to the university. 
    比較すると、私はあなたにその大学に行くことを勧めたい
  • In comparison with my sister, I don’t have any specific preferences to foods. 
    私の姉と比較すると、私は食べ物に対して特別な好みはない

まとめ:compare to/withの違い

今日はcompare toとcompare withの違い、併せて覚えておきたいフレーズを紹介しました

* compare to:本質的に異なる物を比べる
* compare with:同じ性質やグループの物を比べる

併せて覚えておきたいフレーズとして

  • compared to ~
  • contract
  • In comparison with/ by comparison

を紹介しました

これで明日から使えますね!

その他にも明日すぐ使えるフレーズを紹介しています
こちらから飛べます▼

明日すぐ使えるフレーズ集はこちらから

ABOUT ME
エリ
2年間のロンドン駐在を経験、現役のオンライン英会話講師です。独学でTOEIC900点、英検準1級を習得しました。実際の生徒さんからの質問をもとに、社会人が使えるビジネス英語フレーズ、間違いやすい文法、効率的な勉強方法を、「書けるけど話すのは苦手」という初心者さん向けに紹介しています。無料で勉強法の相談も受けていますので気軽にお問い合わせください!
RELATED POST