【実は意味が違う】tell youとshare with you 違い

  • URLをコピーしました!

【当ページのリンクには広告が含まれています】

イギリス🇬🇧とインドネシア🇮🇩赴任を経験し、ポリグロッツ(POLYGLOTS)にてオンライン英会話講師をしている、エリです。

「言う」の意味のtellってよく使いますよね。でも、「言う」って tell しかないのかな。

エリ

よく使う英単語は、他にどのように置き換えられるかを覚えておくと便利だよ!

“tell you” は直接的な「伝えるね、話すね」と「言う」ことに焦点を当てた表現
“share with you”は、「念の為共有するね」といった、ちょっと控えめな表現

併せて覚えたい「伝える」の動詞としては
– inform
– announce
-advise

こんな人が書いています!

留学経験はありませんでしたが、高校の文法の教科書やEnglish Journalさんなどを使って、日々独学。

そのおかげで社会人3年目に、念願だったロンドン🇬🇧駐在2年間を経験することができました。

  • 日本帰国後、英語を使った海外営業担当で、海外出張、ショーケースなど出席、約8年
  • 2023年6月よりインドネシア🇮🇩で働きつつ、ポリグロッツ(POLYGLOTS)にて、オンライン英会話講師3年目です!

英会話講師をさせていただく中での生徒さんからの質問や、多くの駐在員さんから聞く苦労をもとに、何か役に立ちたいと思い、このページを始めました。

詳しいプロフィールはこちらより。

気軽にご相談ください!

★英語を独学なら、スマホでできるオンライン英会話がおすすめ★
\それぞれどう違うのかな?特徴の違いをまとめてみました。/

スクロールできます
入会金なしなしなし33,000円なし
月謝4ヶ月 79,800円
招待コードで10000円引
2,640~12,180 円4,980円~235,840円 (32回)29,700円〜
レッスン45分25分〜25分50分40分 or 50分
講師の
国籍
日本人日本人
ネイティブ
日本人
フィリピン人
日本人
フィリピン人
日本人
ネイティブ
オンライン
or 通学
オンラインオンラインオンライン両方両方
特徴①日本語での解説
②充実したアプリ
家族で共有できるコイン制レッスン日本人講師での日本語付き解説あり①初級クラスが主
②発音矯正に注力
講師は日本人or ネイティブ選択可
ウェブサイト詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る

◆関連記事◆
初心者向け!オンライン英会話おすすめはこちら

.

英語初心者なら絶対おすすめ!みんな日本語を話す講師で、安心&納得して進める!★/

目次

【tell youとshare with you 違い】文法的な意味

まずは基本的な意味を確認してみましょう!

Tell の使い方

何かを「言う」ときの、基本的な動詞は“tell”です。伝える内容や表現よりも、「伝達する」という動作についての単語です。

例文
  • Please tell me what you want to do.
    あなたがしたいことを話してください
  • Tell me how to get to the station.
    駅までの行き方を教えてください

相手が答えを分かるかどうかということはいずれにしても、「何か解答してもらう」ことに重点を置いています。
そのため、分からないとしても、何かしらの「回答」を求めたい時に使います。

Share の使い方

“share” は、「分け合う、共有する」と言う意味の動詞です。そのため一方的に伝えたい、と言うよりも、共有しておきたい、と言う意味合いになります。

例文
  • I am happy to share with you about the news.
    そのニュースについてあなたに共有します
  • We can share the plate.
    そのお皿をシェアしましょう
  • May I share the table with you?
    相席させていただいてもいいですか。

【tell youとshare with you 違い】違いを解説

それではどんな違いがあるか考えてみましょう!

例文
  • I would like to share with you the schedule for tomorrow.
    明日の予定を共有しておきます
  • I would like to tell you the schedule for tomorrow.
    明日の予定を伝えておきます

これを見るだけでは同じように見えますね・・。どんなことが違うのでしょうか。

“tell”は相手が必要かはどちらにしても「言う」と言う行為を一方的にでも行います。
“share” は(要らなかったら無視してもいいのだけど)「(念の為)共有しておく」と言う意味になります。

文法的にはどちらも正解です。

例文
  • Please let me tell you that this information is wrong. 
    この情報は誤りであると言うことをお伝えします
  • Please be shared that our office will move to Tokyo since April. 
    我々のオフィスは4月から東京に動くことになったことをお伝えします


この例文でも、

  • tell は「言う」行為に重点
  • share は「(念の為)共有する」

【tell youとshare with you 違い】言い換えるならどんな表現?

今紹介した、

Please be shared that our office will move to Tokyo since April. 
「我々のオフィスは4月から東京に動くことになったことをお伝えします」

を言い換えることの表現を紹介します

例文
  • Please be informed that our office will move to Tokyo from April.
    我々のオフィスは4月から東京へ動くことになったことをお伝えします
  • Please be announced Mr. Maeda will get promoted to Director.
    前田さんは部長に昇進することをお伝えします
  • Please be advised that our new strategy will begin from next week.
    新しい戦略は来週から始まることをお伝えします

それではそれぞれの単語の例文を見ていきましょう。

inform

動詞で「伝える、知らせる、通知する、吹込む」という意味。Inform 人 of 物:「人に物を伝える」という表現になります。

例文
  • She informed her parents of what she wants to do. 
    彼女は両親に、彼女のしたいことを伝えた
  • It’s his task to inform the information to everyone. 
    その情報をみんなに伝えることが彼の任務だ
  • It is important to inform timely. 
    テンポよく知らせることは大切だ

announce

名詞がannouncement「お知らせ」である動詞のannounce。「発表する、披露する、告知する」と言った意味。

例文
  • We have announced that he got a promotion. 
    彼が昇進したことを発表した
  • It has been announced that she will get married in this year. 
    年内に彼女が結婚することが公表された

advise

名詞で「アドバイス」で馴染みのある、advise は動詞で「忠告する、勧める、通知する」の意味。ちなみに、名詞ではadviceと、Cになるので注意!

例文
  • She advised me on technical matters. 
    彼女は専門的な事柄について、忠告をした
  • I am afraid I am not the position to advise anything about it. 
    私はこれについて忠告出来るほどの立場では生憎ない
  • I shall act as you advise
    私はあなたが忠告した通りに、振舞うことと致しましょう

まとめ:【tell youとshare with you 違い】併せて覚えたい単語

今日はtell youとshare with youの違いと、併せて覚えたい単語を紹介しました。

“tell you” は直接的な「伝えるね、話すね」と「言う」ことに重点を置いた表現
“share with you”は、「念の為共有するね」といった、ちょっと控えめな表現


\その他にも明日すぐ使えるフレーズを紹介しています/

★関連記事★ 

英単語を増やすには、英語→英語で調べることがおすすめ!<意外と簡単な英英辞書!>

話す練習なら絶対「オンライン英会話」!<通学不要!パジャマのまま受講できる!>

やっぱり1冊は参考書やりたいな!なら<おすすめ参考書/テキスト>


勉強方法に迷ったら<こちらを一度読んでみて!>

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次