使える英語フレーズ

【as soon as possibleの意味と使い方】ビジネスで使える例文

英会話に慣れてきた方に聞かれる一つが、

質問者さん

as 形容詞 as possible : 「出来るだけ〜であるように」という意味だよね。
どんなふうに“as 形容詞 as possible”を使えるのか、知りたいな。

と言うもの。

結論は

as 形容詞 as possibleは「出来るだけ〜く」と言う意味のもの
頻繁に使う表現は

  • as soon as possible
  • as many as possible
  • as far as possible

一緒に覚えておくと便利な表現は

  • as 形容詞 as you can
  • as far as

です。

はじめまして

エリ

ロンドン駐在2年を経験し、現在は外資系企業にて営業職と、オンライン英会話にて講師をやっている、エリといいます!

留学経験はありませんでしたが、2年間のロンドン駐在でビジネス英語を実践にて習得、
現在は東京で、外国人上司の下、英語での商談や海外出張の日常に加え、オンラインで英会話講師をしています。
TOEICは900点達成、英検準1級も取得しています。

このブログでは、実際の英会話講師だからこそ伝えられる
生徒さんからの質問やつまづきやすい点から、覚えておくと便利なフレーズや勉強法を紹介しています。

このページでは

  • ビジネスパーソンで、仕事で英語が必要になり、勉強している方
  • TOEIC でまずは600点を目標に勉強している方
  • 普段英語を使って仕事をしているけれど、いつも同じ表現ばかり使ってしまう

のために、

「出来るだけ〜であるように」を表す、“as 形容詞 as possible” をご紹介、
そしてそれに関連する表現を覚えられるページです

文法的な意味を考えてみよう

このフレーズの構造は、
as 形容詞 as possible : 「出来るだけ〜であるように」
という表現です

形容詞の部分に様々な形容詞を当てはめることで、便利な表現になります


as 形容詞 as I can も同様の表現で、直訳すると「私が出来る限り〜であるように」ですが、
意味は「出来るだけ〜であるように」と同じですね

もちろん、Iのところは、別の主語に替えて

  • Please call me as soon as you can.
    (あなたが)出来るだけ早くお電話ください
  • I appreciate if he sends me as quick as he can.
    (彼が)出来るだけ早く送ってくれると助かります

どんな表現があるのか見てみよう

as soon as possible

“soon” 「早く、即座に」という意味です。
このas soon as
のフレーズで最も使う表現といっても過言ではないでしょう

  • Please let me know as soon as possible.
    出来るだけ早く、私に知らせてください
  • I will come back home as soon as possible.
    出来るだけ早く家に帰ってきます

“as quick as possible” も同じ意味ですね
quickは
「瞬時に、手短に」という意味で、時間的な長さでの即座に、よりも
行動的な時間の短さを伝える際に用いますね

as many as possible

“many” 「たくさん、多くの」という意味です。

  • Please buy apples as many as possible.
    出来るだけたくさんのリンゴを買ってきてください
  • Please ask your friends as many as possible.  
    出来るだけ多くの友人に聞いてください

または、形容詞の後に名詞を加えることもできます

  • Please ask as many friends as possible.
    出来るだけ多くの友人に聞いてください
  • I will bring as many boxes as I can.
    出来るだけ多くの箱を持っていきます

as simply as possible

“simply” 「簡潔に、手短に」という意味です

  • Please explain to me as simply as possible.
    出来るだけ簡潔に説明してください
  • I will introduce myself as simply as possible.
    出来るだけ手短に自己紹介します

併せて覚えておこう

as 形容詞 as S can

この表現は意味は全く同じです。

例えば、「あなたはできるだけ早く起きるべきだ」という文章は

  • You should wake up as early as possible.
  • You should wake up as early as you can.

どちらも同じ意味で、どちらも使うことができます

  • We can start this program as soon as we can. 
    私たちはできる限り早く、このプログラムを始めることが出来る
  • Let’s discover as soon as we can.
    出来るだけ早く、開拓してみよう
  • I will visit you as soon as I can.
    出来るだけ早く、お邪魔するようにします

as far as 「〜する限り」

“as far as”は大変便利な表現で、この後ろに、“possible” 以外にも色々な表現をつけることができます

  • This is the information as far as I know.
    こちらが私が知る限りの情報です
  • As far as I researched, we should buy this product.
    私が調べた限りだと、この商品を買うべきです
  • As far as I noticed, we can go by ourselves.
    私の認識の限りでは、自分たちで行って良いと思い
    ます

as far as I’m concerned 「私の考えとしては」

上の表現と似てはいますが、
これは決まった表現で、「私の知る限り」=つまり、「私の考えとしては」という意味になります

As far as I’m concerned, this is true.
私の考えとしては、これは正しいと思います

まとめ:as 形容詞 as の使い方と併せて覚えよう!

今日は”as 形容詞 as” の表現と、併せて覚えておきたいフレーズを紹介しました

as 形容詞 as possibleは「出来るだけ〜く」と言う意味のもの
頻繁に使う表現は

  • as soon as possible
  • as many as possible
  • as far as possible

一緒に覚えておくと便利な表現は

  • as 形容詞 as you can
  • as far as

これで明日から使えますね!

その他にも明日すぐ使えるフレーズを紹介しています
こちらから飛べます▼

明日すぐ使えるフレーズ集はこちらから

ABOUT ME
エリ
2年間のロンドン駐在を経験、現役のオンライン英会話講師です。独学でTOEIC900点、英検準1級を習得しました。実際の生徒さんからの質問をもとに、社会人が使えるビジネス英語フレーズ、間違いやすい文法、効率的な勉強方法を、「書けるけど話すのは苦手」という初心者さん向けに紹介しています。無料で勉強法の相談も受けていますので気軽にお問い合わせください!
RELATED POST