使える英語フレーズ

【Long story short 意味】「要するに」を英語で文頭に

普段の英会話に慣れてきた方が聞かれる一つが、

いちなな

「要するに」ってどうやって言うのだろう

というもの。
結論は

「要するに」は”long story short”と言います。
元々は、”To make a long story short” で、「長い話を短くすると」という意味です

言い換え表現としては

  • in short
  • the point is
  • basically
  • in a word

を紹介していきます

はじめまして

エリ

ロンドン駐在2年を経験し、現在は外資系企業にて営業職と、オンライン英会話にて講師をやっている、エリといいます!

留学経験はありませんでしたが、2年間のロンドン駐在でビジネス英語を実践にて習得、
現在は東京で、外国人上司の下、英語での商談や海外出張の日常に加え、オンラインで英会話講師をしています。
TOEICは900点達成、英検準1級も取得しています。

このブログでは、実際の英会話講師だからこそ伝えられる
生徒さんからの質問やつまづきやすい点から、覚えておくと便利なフレーズや勉強法を紹介しています。

このページでは

  • ビジネスパーソンで、仕事で英語が必要になり、勉強している方
  • TOEIC でまずは600点を目標に勉強している方
  • 普段英語を使って仕事をしているけれど、いつも同じ表現ばかり使ってしまう

のために、

「要するに」を表す、“To make a long story short” をご紹介、
そしてそれに関連する表現を覚えられるページです

単語の意味を確認しよう

To make a long story short は、
「長い話を短くすると」という意味です

make A B 】の構文で、「AをBにする」という表現です
今回で言うと、Aa long storyBshort です

  • It makes me happy. それは私を嬉しい気持ちにさせる
  • Eating a cake makes me smile. ケーキを食べることは私を笑顔にする

Bには、動詞を持ってくることもできmake 人 動詞の原形 で、
「強制的に、人に〜させる」という意味です

  • This comedy show makes me laugh. このお笑い番組は私を笑わせる
  • He made me carry this box. 彼は私にこの箱を運ばせた

と言うように使うことができます

🌟ちなみに

make をcut に置き換えて

To cut a long story short ということもでき、同じ意味です

こんな場面で使える表現です

では、具体的な場面を2つ、見ていきましょう❗️

A: How did you start working for this company ?
どういう経緯でこの会社で働くことになったの?
B: Long story short, I met a key person to hire me.
簡単にいうと、採用してくれるキーパーソンに会ったからなんだ

A: What was the conclusion of the meeting yesterday ?
昨日の会議の結論はどうだった?
B: To cut long story short, the new project starts from next week.
かいつまんで話すと、新しいプロジェクトは来週から始まることになりました

併せて覚えておこう

それでは、同じ意味の表現を他にも紹介します

In short 

「つまり」という意味の表現です
Short が「短い」という意味の形容詞のため、「手短に言って」ということになります

  • In short, he is a very passionate person. 
    つまり、彼はとても情熱的な人ということです
  • In short, these changes may affect in a good way. 
    つまり、これらの変化は良い方向に動くかもしれないということです
  • In short, it should be agreed by both sides. 
    つまり、両方から同意されるべきである

The point is

「ポイントは」つまり、「要するに、大切なところは」という意味です

  • The point is we are very happy to be together. 
    要するに、私たちは一緒にいられてとても幸せだということです
  • The point is the report has so many mistakes we have to follow up. 
    重要なことは、そのレポートには、我々がフォローしないといけない間違いがたくさんあるということです

“The point is that (文章)” と、The point is の後ろには文章がきて、
「ポイントは〜と言うことです。」
と言うように作る文章です

Basically

もともとは「基本的には」という意味ですが、「そもそも」「要するに」と訳せる単語です

  • Basically, we needed to come earlier if we wanted to complete by end of today.
    そもそも、今日中に終わらせたかったら、もっと早く来る必要があった
  • Basically it has to be received by tomorrow. 
    要するに、明日までに受け取る必要があります

形容詞は”basic” 、日本語でも「ベーシックプラン」「ベーシックな味」
と言うように使うような
元々の」「基本的な」と言う意味の形容詞の副詞の形が“basically” です

In a word,

「一言で表す」つまり、「要するに」という意味になります

  • In a word, we would like to start the program as soon as possible. 
    要するに、我々はそのプログラムをできるだけ早く開始したい
  • In a word, the teacher was not happy about the conclusion. 
    つまり、先生はその結論を良くは思っていないということだ


“a word” は「一言」と言う意味ですが、
「他の言葉で言うと」というような意味ですね

まとめ:「要するに」の意味のLong story short、と言い換え表現

今日は「要するに」の意味の”Long story short” と、その言い換え表現を紹介しました

「要するに」は”long story short”と言います。
元々は、”To make a long story short” で、「長い話を短くすると」という意味です

言い換え表現としてこちらを紹介しました

  • in short
  • the point is
  • basically
  • in a word

これで明日から使えますね!

その他にも明日すぐ使えるフレーズを紹介しています
こちらから飛べます▼

明日すぐ使えるフレーズ集はこちらから

ABOUT ME
エリ
2年間のロンドン駐在を経験、現役のオンライン英会話講師です。独学でTOEIC900点、英検準1級を習得しました。実際の生徒さんからの質問をもとに、社会人が使えるビジネス英語フレーズ、間違いやすい文法、効率的な勉強方法を、「書けるけど話すのは苦手」という初心者さん向けに紹介しています。無料で勉強法の相談も受けていますので気軽にお問い合わせください!
RELATED POST