【ビジネス英語必須!】”off track” 意味と使い方

  • URLをコピーしました!

【当ページのリンクには広告が含まれています】

イギリス🇬🇧とインドネシア🇮🇩赴任を経験し、ポリグロッツ(POLYGLOTS)でオンライン英会話講師をしている、エリです。

本記事では、「話が逸れてると英語で言うoff track を紹介していきます。

エリ

今日からすぐに使える例文も紹介していくよ!

「話が逸れる」”off track”

一緒に覚えておきたいフレーズとして
– To get back to our original topic..
– Where are we ?
– We’ve been off on a tangent..

こんな人が書いています!

留学経験はありませんでしたが、高校の文法の教科書やEnglish Journalさんなどを使って、日々独学。

そのおかげで社会人3年目に、念願だったロンドン🇬🇧駐在2年間を経験することができました。

  • 日本帰国後、英語を使った海外営業担当で、海外出張、ショーケースなど出席、約8年
  • 2023年6月よりインドネシア🇮🇩で働きつつ、ポリグロッツ(POLYGLOTS)にて、オンライン英会話講師3年目です!

英会話講師をさせていただく中での生徒さんからの質問や、多くの駐在員さんから聞く苦労をもとに、何か役に立ちたいと思い、このページを始めました。

詳しいプロフィールはこちらより。

気軽にご相談ください!

★一人で英語学習を始めるなら!スマホでできるオンライン英会話でモチベーションアップ!★
\それぞれどう違うのかな?特徴の違いをまとめてみました。/

スクロールできます
入会金なしなしなし33,000円なし
月謝4ヶ月 79,800円
招待コードで10000円引
2,640~12,180 円4,980円~235,840円 (32回)29,700円〜
レッスン45分25分〜25分50分40分 or 50分
講師の
国籍
日本人日本人
ネイティブ
日本人
フィリピン人
日本人
フィリピン人
日本人
ネイティブ
オンライン
or 通学
オンラインオンラインオンライン両方両方
特徴①日本語での解説
②充実したアプリ
家族で共有できるコイン制レッスン日本人講師での日本語付き解説あり①初級クラスが主
②発音矯正に注力
講師は日本人or ネイティブ選択可
ウェブサイト詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る

◆関連記事◆
初心者向け!オンライン英会話おすすめはこちら

特におすすめはトーキングマラソン!2週間無料体験もあります★/

目次

【off track意味と使い方】単語の意味を確認しよう

そもそも”track” とは、走るレーンの「トラック」で、「走るレーンから外れた」という意味。

その、トラックから外れている、という意味から、”off track”とは「話が逸れる」ことを言います。

例文
  • We are off track.
  • We are getting off track


または、”get sidetracked” で「脇道に逸れる」という表現。

例文
  • I got sidetracked. 
    私は脇道に逸れてしまった
  • We got sidetracked about this issue.
    この問題について、脇道に逸れた

【off track意味と使い方】【同じ意味】併せて覚えておこう

To get back to our original topic…

「元々のトピックに戻りましょう」という表現。この表現を用いることで、話が逸れているよ、となります。

例文
  • To get back to our original topic, could we discuss when we will start ?
    そもそものトピックに話を戻すと(話を戻すためには)、いつから始めるかについて話し合えますか
  • To get back to our original topic, who will be the person in charge ?
    そもそものトピックに話を戻すと、担当者は誰にしますか

Where were we? 

「私たちはどこにいますか」という表現ですが、つまり「今何の話していたっけ?」という意味。

例文
  • Where were we ? We should have discussed about the project.
    何の話していたっけ?そのプロジェクトについて話をしなくてはいけなかったはず。
  • Where were we ? We really enjoyed talking about different topics!
    何の話だったっけ?違う話で盛り上がりすぎたね。

We’ve been off on a tangent, 

tangentは名詞で、「接点、正接」という意味。「正接から外れている=話が脱線している」と言う表現。

例文
  • We have been off on a tangent, let’s get back to the topic.
    話が脱線しているよ、元々のトピックに戻しましょう
  • We have been off on a tangent, I would suggest to make a summary for this.
    話が脱線しています。これについてまとめることを推奨したいです

【off track意味と使い方】【反対の意味】「be back on track」「be on track」

“off”を使った表現が「話が逸れた」のなら”on”は「戻す」と言う意味。そこから「話を戻そう」となります。

例文
  • We are back on track now. Let’s discuss about it again.
    話を元に戻します。もう一度それについて話し合いましょう
  • We should be back on track, as only 20minutes are left.
    あと20分しかないので、話を元に戻しましょう

be on trackは「正しくトラック上で走っている」というイメージで、「スケジュール通り」という意味や、「このままいけば~になる」という意味。

例文
  • The project for new store is on track.
    新しい店舗についてのプロジェクトはスケジュール通りです
  • He is on track to pass the exam for the university.
    彼は大学受験にこのままいけばうまくいくだろう

まとめ:【off track意味と使い方】「話が逸れている」時に使える表現

走るレーンの「トラック」から外れているよ、と言う意味から”off track” という表現を使います。

「話が逸れる」”off track”

一緒に覚えておきたいフレーズとして
– To get back to our original topic..
– Where are we ?
– We’ve been off on a tangent..


\その他にも明日すぐ使えるフレーズを紹介しています/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次