使える英語フレーズ

【off trackの意味と使い方】「話が逸れてる!」をビジネス英語で使おう

普段の会話で便利な英語フレーズ教えて❗️と聞かれる一つが、

質問者さん

「話が逸れる」ことってありますよね。
そのような場面を英語では“off track”と言うようですね。

どんなふうに使えるのかを教えてもらいたいです❗️

というもの。

結論は、

「話が逸れる」は”off track” と言います

同じ意味で、「話逸れてない?」と言う時に使える表現としては

  • To get back to our original topic..
  • Where are we ?
  • We’ve been off on a tangent..

があります

はじめまして。

エリ

ロンドン駐在2年を経験し、現在は外資系企業にて営業職と、オンライン英会話にて講師をやっている、エリといいます!

留学経験はありませんでしたが、2年間のロンドン駐在でビジネス英語を実践にて習得、
現在は東京で、外国人上司の下、英語での商談や海外出張の日常に加え、オンラインで英会話講師をしています。
TOEICは900点達成、英検準1級も取得しています。

このブログでは、実際の英会話講師だからこそ伝えられる
生徒さんからの質問やつまづきやすい点から、覚えておくと便利なフレーズや勉強法を紹介しています。

このページでは

  • ビジネスパーソンで、仕事で英語が必要になり、勉強している方
  • TOEIC でまずは600点を目標に勉強している方
  • 普段英語を使って仕事をしているけれど、いつも同じ表現ばかり使ってしまう

のために、

話が逸れるを表す、“off track” をご紹介、
そしてそれに関連する表現を覚えられるページです

単語の意味を確認しよう

そもそも”track” とは、走るレーンの「トラック」で、
「走るレーンから外れた」という意味で使います

その、トラックから外れている、という意味から、
“off track”とは「話が逸れる」ことを言います

  • We are off track.
  • We are getting off track.


または、”get sidetracked” で「脇道に逸れる」という表現になります

  •  I got sidetracked. 
    私は脇道に逸れてしまった
  • We got sidetracked about this issue.
    この問題について、脇道に逸れた

【同じ意味の表現】併せて覚えておこう

To get back to our original topic…

「元々のトピックに戻りましょう」という表現です
この表現を用いることで、話が逸れているよ、ということが伝わりますね

  • To get back to our original topic, could we discuss when we will start ?
    そもそものトピックに話を戻すと(話を戻すためには)、いつから始めるかについて話し合えますか
  • To get back to our original topic, who will be the person in charge ?
    そもそものトピックに話を戻すと、担当者は誰にしますか

Where were we? 

「私たちはどこにいますか」という表現ですが、つまり
「今何の話していたっけ?」という意味の表現です

  • Where were we ? We should have discussed about the project.
    何の話していたっけ?そのプロジェクトについて話をしなくてはいけなかったはず。
  • Where were we ? We really enjoyed talking about different topics!
    何の話だったっけ?違う話で盛り上がりすぎたね。

We’ve been off on a tangent, 

tangentは名詞で、「接点、正接」という意味です
「正接から外れている=話が脱線している」と言う表現になります

  • We have been off on a tangent, let’s get back to the topic.
    話が脱線しているよ、元々のトピックに戻しましょう
  • We have been off on a tangent, I would suggest to make a summary for this.
    話が脱線しています。これについてまとめることを推奨したいです

【反対の意味】「be back on track」「be on track」

“off”を使った表現が「話が逸れた」のなら”on”は「戻す」と言う意味になります
そのため、We are back on track は、「話を戻そう」となります

  • We are back on track now. Let’s discuss about it again.
    話を元に戻します。もう一度それについて話し合いましょう
  • We should be back on track, as only 20minutes are left.
    あと20分しかないので、話を元に戻しましょう

be on trackは「正しくトラック上で走っている」というイメージで、
「スケジュール通り」という意味や、「このままいけば~になる」という意味です

  • The project for new store is on track.
    新しい店舗についてのプロジェクトはスケジュール通りです
  • He is on track to pass the exam for the university.
    彼は大学受験にこのままいけばうまくいくだろう

まとめ:「話が逸れている」時に使える表現

走るレーンの「トラック」から外れているよ、と言う意味から
“off track” という表現を使います

同じ意味で、「話逸れてない?」と言う時に使える表現としては

  • To get back to our original topic..
  • Where are we ?
  • We’ve been off on a tangent..

があります

“on track” では「話を戻す、このままうまくいく」と言う意味になります


その他にも明日すぐ使えるフレーズを紹介しています
こちらから飛べます▼

明日すぐ使えるフレーズ集はこちらから

ABOUT ME
エリ
2年間のロンドン駐在を経験、現役のオンライン英会話講師です。独学でTOEIC900点、英検準1級を習得しました。実際の生徒さんからの質問をもとに、社会人が使えるビジネス英語フレーズ、間違いやすい文法、効率的な勉強方法を、「書けるけど話すのは苦手」という初心者さん向けに紹介しています。無料で勉強法の相談も受けていますので気軽にお問い合わせください!
RELATED POST