使える英語フレーズ

【let me get straight to the point 意味と使い方】「端的にいうと」

英語に慣れてきた方から聞かれる一つが

質問者さん

「簡単に言うとね」と言うときって
どんなふうにいうのかな。

というもの。
結論は

“let me get straight to the point” は、「端的にいうと」という意味です

併せて覚えておきたい表現としては

  • Let me clarify
  • Allow me to confirm my understanding
  • In short
  • To be brief, To be short

を紹介していきます

はじめまして。

エリ

ロンドン駐在2年を経験し、現在は外資系企業にて営業職と、オンライン英会話にて講師をやっている、エリといいます!

留学経験はありませんでしたが、2年間のロンドン駐在でビジネス英語を実践にて習得、
現在は東京で、外国人上司の下、英語での商談や海外出張の日常に加え、オンラインで英会話講師をしています。
TOEICは900点達成、英検準1級も取得しています。

このブログでは、実際の英会話講師だからこそ伝えられる
生徒さんからの質問やつまづきやすい点から、覚えておくと便利なフレーズや勉強法を紹介しています。

このページでは

  • ビジネスパーソンで、仕事で英語が必要になり、勉強している方
  • TOEIC でまずは600点を目標に勉強している方
  • 普段英語を使って仕事をしているけれど、いつも同じ表現ばかり使ってしまう

のために、

「簡単に言うとね」を表す、“Let me get straight to the point”をご紹介、
そしてそれに関連する表現を覚えられるページです

単語の意味を確認しよう

「Let me 動詞」の表現は「〜させて」という意味です
そのため今回の表現では、

get strait to the point をさせて、ということなので、
「直接そのポイントに行かせて」=「単刀直入に言うと・・」
ということになります

“let me” を使った表現としては・・

  • Please let me know when you have time.
    時間がある時教えてください
  • Let me know when you got home.
    家に着いたら教えてください

👇「let me know とtell me の違い」はこちらの記事で紹介しています👇

【let me knowとtell me の違い】意味と使い方を例文を使って解説!Let me knowとTell meの違いはご存知でしょうか。Let me は「〜させて」という意味より、「(分かったら、時間があったら)知らせて」と言う意味になります。この表現の違いを見ていきましょう...

こんな場面で使える表現です

場面としては、
相手の発言が、つじつまが合わない・自分の見解と違う

あるいは
複雑すぎて分かりづらい、といった状況で、

”自分の理解が正しいか確認させてほしい” ”ここまでの話を整理させてほしい”と伝えるフレーズです

🌟それでは例文を見ていきましょう

  • Let me get straight to the point, I don’t think this project will not work. 端的に言わせてもらうと、このプロジェクトはうまく行くとは思えない
  • To get straight to the point,
    〜 前置きは無しにして

併せて覚えておこう

Let me clarify

clarify動詞で「明確にする、はっきりする」という意味です
Let me が「〜させて」ということなので
「明確にさせてください」という表現になります

  • Let me clarify before moving forward,
    前に進める前に明確にさせてください
  • Let me clarify for you just in case,
    念の為、はっきりさせておいてください

Allow me to confirm my understanding,

Allow me は「〜することを許してください=〜させてください」という意味です
つまり、
「理解を確認させてください」という表現になります

  • Please allow me to confirm this document is correct. 
    この資料が正しいか確認させてください
  • Allow me to confirm my understanding for this. 
    これについての理解が正しいか確認させてください

 

In short

short は形容詞「短い」という意味より、「短くして=端的に、つまり」という意味になります

  • In short, I don’t want you to leave this company. 
    つまり、私はあなたにこの会社を辞めてほしくない
  • In short, what you want to say ?
    つまり、何が言いたいの?
  • In short, can you submit the report by tomorrow ?
    端的に言うと、明日までにレポートを提出できる?

To be brief, To be short,

「手短に言えば、要するに」という意味です
手短な会議、情報共有を「ブリーフィング」と言いますが、このbrief から来ています。

  • To be brief, I would like to ask you to summarize this document. 
    要するに、あなたにこの資料をまとめることをお願いしたい
  • To be short, can you come tomorrow ? 
    要するに、明日来れる?
  • To be brief the story, you may receive the package in advance. 
    その話を要約すると、事前にあなたは小包を受け取ることになるでしょう

まとめ:let me get straight to the point の意味と併せて覚えておきたい表現

今日は、「端的に言うと」の意味の”let me get straight to the point” を紹介しました

併せて覚えておきたい表現としては

  • Let me clarify
  • Allow me to confirm my understanding
  • In short
  • To be brief, To be short

を紹介していきます

違う単語に置き換えていくには、英英辞典で調べることをおすすめしています
👇英英辞典のおすすめはこちらより紹介していますよ👇

【英英辞典おすすめ】ぜひ持ち運びで1冊持つことをおすすめしたい5選分からない英単語を「英語で」調べると、効率良く単語力を上げることができます。持ち運べるおすすめ辞書である、ロングマン、オックスフォード、Paperbag Oxford English Dictionaryを紹介します。...



その他にも明日すぐ使えるフレーズを紹介しています
こちらから飛べます▼

明日すぐ使えるフレーズ集はこちらから

ABOUT ME
エリ
2年間のロンドン駐在を経験、現役のオンライン英会話講師です。独学でTOEIC900点、英検準1級を習得しました。実際の生徒さんからの質問をもとに、社会人が使えるビジネス英語フレーズ、間違いやすい文法、効率的な勉強方法を、「書けるけど話すのは苦手」という初心者さん向けに紹介しています。無料で勉強法の相談も受けていますので気軽にお問い合わせください!
RELATED POST