使える英語フレーズ

【I’m banking on itの意味と使い方を解説】「あてにする」を英語で表現

英語に慣れくると、見慣れた単語を繋げてるのだけど、
馴染みのない組み合わせに出会うことがあります。
そんな一つが、

質問者さん

“bank on” ってどんな意味だろう?
bank は「銀行」で、onは前置詞ですよね。。

というもの。

結論は、

“bank on” とは、「あてにする」と言う意味です。
その他の表現としては

  • rely on
  • depend on
  • trust in
  • count on

があります。

はじめまして

エリ

ロンドン駐在2年を経験し、現在は外資系企業にて営業職と、オンライン英会話にて講師をやっている、エリといいます!

留学経験はありませんでしたが、2年間のロンドン駐在でビジネス英語を実践にて習得、
現在は東京で、外国人上司の下、英語での商談や海外出張の日常に加え、オンラインで英会話講師をしています。
TOEICは900点達成、英検準1級も取得しています。

このブログでは、実際の英会話講師だからこそ伝えられる
生徒さんからの質問やつまづきやすい点から、覚えておくと便利なフレーズや勉強法を紹介しています。

このページでは

  • ビジネスパーソンで、仕事で英語が必要になり、勉強している方
  • TOEIC でまずは600点を目標に勉強している方
  • 普段英語を使って仕事をしているけれど、いつも同じ表現ばかり使ってしまう

のために、

あてにするを表す、“I’m banking on it”をご紹介、
そしてそれに関連する表現を覚えられるページです

単語の意味を確認しよう

bank on という表現で「あてにする、頼りにする」という意味になります

銀行にあるお金を頼るように絶対確実な、という意味から、この表現の意味になっています

bankは名詞で「銀行」ですね
そこから来ている表現です

  • I am banking on the theory.  
    私はその謂れを頼りにしている
  • We are banking on it for the next meeting.  
    我々は次回のミーティングに対し、それをあてにしている
  • Jane is the best person to bank on.  
    ジェーンは頼りにするのに最も適した人で

助動詞はon が付きます

別の表現で言うと・・・

多くの形は「動詞+on + 人/物」で作ります

rely on

rely は動詞で、「頼りにする、頼る」という意味です

  • If I have to rely on someone, I will choose Michel. 
    誰かを頼る必要があるなら、私はミッチェルを選びます
  • Everyone needs somewhere we can rely on. 
    誰でも、頼りに思える場所があることは大切です
  • We should rely on him for this project, it must be going well. 
    このプロジェクトに対して彼を頼りにしよう、きっとうまくいくだろう。

depend on

depend は動詞で、「〜に所以する、〜次第である」という意味の表現です

  • It depends on the whether about the event tomorrow. 
    明日のイベントについては、天気次第である
  • Please depend on. He will definitely come. 
    大丈夫です(あてにしてください)。彼は必ず来ま

この表現では、「〜(人)次第」という表現をぜひ併せて覚えていただきたいですね。
It depends on you. あなた次第です

これは言い換えると“It’s up to you” という表現にも置き換えることができます。

trust in

trust は動詞で、「信頼する、あてにする」という意味です

To trust in Providence.
幸運を天に任せる

Trust を名詞として用いると、put one’s trust in .. という表現になります

I will put my trust in the client to make this day successful.
その日を成功させるために、私はそのクライアントに信頼をあてます

この表現の場合には、このような決まった表現もあります

  • property in trust 保管物
  • money in trust 委託金

count on

Countは「数える」のcountですが、「価値がある」という意味でもつかいます

  • Please count on me! I will be there. 
    頼りにして!そこへ行くから。
  • You are always counting on me. 
    あなたはいつも私を頼りにしていますね
  • I can count on your decision. 
    私はあなたの決定をたよりにしている

「頼りになる」の形容詞

これらも便利に使うことが出来ます

reliable

動詞rely + able で作った形容詞です

  • He is a reliable person. 
    彼は頼りになる人です
  • The information is reliable
    その情報は頼りになる
  • My boss is reliable, as he is always making time to me. 
    私の上司はとても頼りになる、なぜならいつでも時間を作ってくれる

trustworthy

信頼trust + 価値があるworthy から成り立っている形容詞です
「信頼する価値がある」という意味です
少しフォーマルな場面で用いられる表現です

  • She is trustworthy, as she always comes on time. 
    彼女はとても信頼できる人だ。いつも時間通りに来る
  • The data should be trustworthy, we will use it for the presentation. 
    そのデータは信頼できるべきだ。プレゼンテーションで用いることがある

faithful

忠実性のfaith, 満たすfullから、「忠実性に満たされた」という意味です
Faithful to 人/物で、「〜にとって信頼できる」という意味で使うことができます

  • You are faithful to everyone. 
    あなたは誰にでも忠実な人だ
  • This company is faithful to work together. 
    その会社は一緒に働くに信頼できる
  • We need a faithful partner, as our company is still very new. 
    我々の会社はまだ新しいので、信頼できるパートナーが必要だ

まとめ:”bank on” の使い方

今日は「あてにする」と言う表現を紹介しました

“bank on” 以外の表現としては

  • rely on
  • depend on
  • trust in
  • count on

があります。

形容詞で「頼りになる」は
reliable, trustworthy, faithful を紹介しました

これで明日から使えますね!

その他にも明日すぐ使えるフレーズを紹介しています
こちらから飛べます▼

明日すぐ使えるフレーズ集はこちらから

ABOUT ME
エリ
2年間のロンドン駐在を経験、現役のオンライン英会話講師です。独学でTOEIC900点、英検準1級を習得しました。実際の生徒さんからの質問をもとに、社会人が使えるビジネス英語フレーズ、間違いやすい文法、効率的な勉強方法を、「書けるけど話すのは苦手」という初心者さん向けに紹介しています。無料で勉強法の相談も受けていますので気軽にお問い合わせください!
RELATED POST