【mutual understanding 意味】「相互理解」と「共有の」「understanding 使い方」を解説

  • URLをコピーしました!

こんにちは!TOEIC 900点、英検準1級を取得し、POLYGLOTS(ポリグロッツ)でオンライン英会話講師をしている、「エリ(@eigodokugaku17)」です!

本記事では、英会話のプロが「相互理解」の意味である”mutual understanding” を紹介していきます。

エリ

今日からすぐに使える例文も紹介していくよ!

意気投合「相互理解」mutual understanding

一緒に覚えておきたいフレーズとして
-“mutual”は置き換えると:common, shared, combined
-“understand”を使った便利な表現: In my understanding, understanding of, 形容詞でのunderstanding

こんな人が書いています!

ロンドン駐在2年を経験し、現在は外資系企業にて営業職と、オンライン英会話にて講師をやっています。

留学経験はありませんでしたが、2年間のロンドン駐在でビジネス英語を習得、TOEIC 900点を達成しました。

オンラインで英会話講師で実際に生徒さんからいただく質問や相談をもとに、同じ悩みを抱えている方の役に立ちたいとこのページを始めました。

エリと申します!
目次

単語の意味を確認しよう

mutual は形容詞で「相互の、共通の」という意味。

例文
  • mutual effort
    相互努力
  • mutual communication
    相互交信
  • He was our mutual friend.
    彼は私たちの共通の友人であった

などで用いられます

では、mutual understanding の例文も見ていきましょう

例文
  • We established mutual understanding between two of us.
    我々は、意思疎通を図った
  • Our mutual understanding is indispensable.
    我々の認識の一致は大変重要である
  • This matter requires mutual understanding.
    この問題は、お互いの確認を必要としている

「共通の」理解ということです。

併せて覚えておこう① mutual を置き換えると?

「共通の」の”mutual” は、どんな単語に置き換えられるかな。

common 「共通の」

「共通の」でもっと馴染みのある単語はcommon。いろいろな使い方のできる、形容詞です。

例文
  • We have something in common. 
    私たちは共通に持っている物がある
  • I have a common hobby with him.
    私は彼と共通の趣味がある

shared 「共有された」

動詞share の過去分詞の形、”shared” も、「共有された、共にされた」という意味。

例文
  • Here is our shared office.
    ここが私たちのシェアオフィス(共有オフィス)です
  • The kitchen area is shared for all residences.
    キッチンエリアは住民全てに共有のスペースです

combined

combine は動詞で「結合する、結びつける、兼ね備える」という意味。動詞の場合には

例文
  • Let’s combine our efforts as a team! 
    チームとして、我々の努力を合わせよう!
  • I like to combine business with leisure. 
    私は仕事と遊びを兼ねるのが好きだ

Combined は過去分詞で「合わさった、結合された」という意味。

例文
  • Today is a combined class for English and Chinese. 
    今日は英語と中国語の合わせたクラスです
  • I graduated from a combined junior and senior high school. 
    私は中高一貫校を卒業した

併せて覚えておこう② understandingを使った表現

今回は、understanding を用いた表現をいくつか見ていきましょう。

In my understanding

「私の理解では」という表現。「自分はこのように理解していますよ」と伝える場合の表現です。

例文
  • In my understanding, this issue will be solved by tomorrow.
    私の理解では、この問題は明日までに修復されると伺っています
  • In my understanding, we have to start as soon as possible.
    私の理解では、少しでも早く始めるべきだと思っています
  • Is my understanding correct ?
    私の理解は正しいですか

understanding of ~

「〜についての理解」という時には後ろにofを用いる。動詞のunderstandを動名詞にして使っています。
動詞は、have を用いて、「〜についての理解がある」という言い方になります。

例文
  • He has a good understanding of geography.
    彼は土地についての十分な理解がある
  • The candidate has to have well understanding of international relationship. 
    候補者は、海外との関係について良好な理解がある必要がある

形容詞のunderstanding

I understandとI’m understanding の違いはなんでしょうか?

I understand の場合には「理解しているよ、分かるよ」というように、理解を示すときに。
– I’m understanding の場合では、understanding を形容詞として用い、「理解力のある、優しい」と。

例えば、彼はどんな人?と聞かれて、

He is very kind and understanding
彼はとても優しくて、理解力のある人だよ

といったように使います

例文
  • My mom is understanding about my career. 
    私の母は私のキャリアについて理解力がある
  • You should be understanding for their company. 
    あなたは彼らの会社について、理解を示した方がいい

まとめ:mutual understandingの意味と関連表現

今日はmutual understandingの意味と関連する表現を紹介しました。

意気投合「相互理解」mutual understanding

一緒に覚えておきたいフレーズとして
-“mutual”は置き換えると:common, shared, combined
-“understand”を使った便利な表現: In my understanding, understanding of, 形容詞でのunderstanding

 


\その他にも明日すぐ使えるフレーズを紹介しています/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次