【that is not the case 言い換え】「そんなことはない」意味と使い方

  • URLをコピーしました!

こんにちは!TOEIC 900点、英検準1級を取得し、POLYGLOTS(ポリグロッツ)でオンライン英会話講師をしている、「エリ(@eigodokugaku17)」です!

本記事では、英会話のプロが「そんなことはない」の意味の”that is not the case” を紹介していきます。

エリ

今日からすぐに使える例文も紹介していくよ!

“That’s not the case”は「そうではない」「それは事実に該当しない」

一緒に覚えておきたいフレーズとして
-That’s not only the case -そうではない
-That’s a different story -それは違う話だ
-That is not necessary -それは必要がない

こんな人が書いています!

ロンドン駐在2年を経験し、現在は外資系企業にて営業職と、オンライン英会話にて講師をやっています。

留学経験はありませんでしたが、2年間のロンドン駐在でビジネス英語を習得、TOEIC 900点を達成しました。

オンラインで英会話講師で実際に生徒さんからいただく質問や相談をもとに、同じ悩みを抱えている方の役に立ちたいとこのページを始めました。

エリと申します!
目次

表現の意味を確認しよう

ここでのcase は、「事例・真実」などの意味で使われます。
相手の発言に対し「それは真実ではない」、「そういうこととは違う」と伝えるニュアンス。

まず、この表現で最も伝えたいことは、この2つ。どちらにも訳せる、という場面も多くあります。

(1) これは該当しない、そうではない、そのことではない
(2) これは事実ではない

色々な場面が該当はしますが、「これは違う」と言ったことを表す際に使います。

No, this is not the case.
  • いいえ、そうでありません。
  • いいえ、これは事実でありません。
This is not the case in Japan.
  • 日本では、そうでないです。
  • 日本では、事実でないです。
  • 日本には、当てはまりません。
I assume this is not the case.
  • そうでないようです。
  • 事実でないみたいです。

※ assumeは動詞で「 推測(する)、仮定する」という意味。

That isn’t the case anymore.
  • 既に、そうではない。
  • 既に、それは該当しない。

このように、「そうではない」と、「それは該当しない」の意味。
それでは具体的な場面を見ていきましょう❗️

こんな場面で使えます①

Cathy: This is my fault to lose the opportunity this time.
    今回失敗してしまったのは、私のせいですね!

Marie: No no! That is not the case. We all should have prepared well for the first place.
   いやいや!そういうことではないよ。そもそも、私たちみんなが十分に準備をするべきだったよ。

「違うよ!」「そう言うことじゃないよ!」という意味で使う表現です

こんな場面で使えます②

Marie: Do you think studying English in the morning is the best way ?
    朝に英語の勉強をすることが最善の方法だと思いますか。
Ken: That’s not always the case.
   If you prefer in the evening, that is no problem at all.

いつもそうでもないと思うな。
   もし夜の方が良いのならば、全く問題ないと思うよ。

“alway” を付けて、「いつもそうではないよ」ということもできます

併せて覚えておこう

That’s not only the case

先程の表現に“only” が加わった文章。「その場合だけではない」という意味。

Ken: I would like to be a doctor one day. Do you advise me to study abroad ?
私はいつか医者になりたいんだ。海外留学することをお勧めしますか?
Marie:
Hmm. I think that’s not only the case.You can study in Japan too.
そうだねぇ。それだけが方法ではないと思うな。日本でも勉強することはできると思うよ。

That’s a different story.

「それは違う話だ」という意味の文章。
何かの話をしていて、「では〜の場面だったらどうする?」と言った場合に「それなら全く違う話だよ」というように持っていきます。

Ken: We will start the project from tomorrow. Do you think we can keep up even it rains ?
明日から新しいプロジェクトを始めます。もし雨でも続けることができると思う?

Marie: In case it is raining, that’s a different story.
もし雨の場合には、全く違った話だ。

That is not necessary


necessary は形容詞で「必要な」と言う意味。動詞はneed, 副詞はnecessarily

Ken: Shall I bring some food for the meeting tomorrow?
明日のミーティングのために何か食べ物いるかな?


Marie: That is not necessary. It takes only 20minutes.
必要ないと思うよ。きっと20分で終わると思う。

まとめ:”that is not the case” の使い方

今日は「そうではない、それは該当しない」の意味の”that is not the case”を紹介しました。

“That’s not the case”は「そうではない」「それは事実に該当しない」

一緒に覚えておきたいフレーズとして
-That’s not only the case -そうではない
-That’s a different story -それは違う話だ
-That is not necessary -それは必要がない


\その他にも明日すぐ使えるフレーズを紹介しています/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次